【久喜・加須の飲食店応援プロジェクト】第二弾!コロナの影響で窮地に立たされた久喜・加須エリアの飲食店を協賛支援しよう!そんなクラファンの実態を徹底解説!

今回は先週に引き続き!好評の【久喜・加須の飲食店応援プロジェクト】をご案内します!
先週ではご案内できていなかった部分をご案内という形で今週をお届けしたいと思います。

気になる「協賛コース」のご紹介!

前回ご紹介していた「10%お食事券」「食べたつもりコース」をご紹介いたしました。
一般のお客さんに購入していただくのがメインでした。
今回は企業・団体さん向けのプロジェクト応援の「協賛コース」のご紹介です。

魅力の特典3つ!宣伝効果の爆上げ間違え無し!

3万円~50万円までの6種類あります、こちらの金額をご参画していただいたすべての企業・団体さんにお得なメリットがあります!

魅力1:参加全店舗に企業・団体名を一覧で表示

魅力2:プロジェクトHPでの企業・団体PRします!

魅力3:生活情報誌「クッキーズ」「とねじん」に企業・団体名を掲載

 

魅力1 参加全店舗に企業・団体名を一覧で表示

プロジェクトに参画している飲食店の店舗に一覧で名前が載ります。
すなわち、来店していただいたお客さんの目に留まると・・・
例えば壁にあるメニューとか見て「あ、あの企業しってる」だったり「ここ家族が働いていることろ!」「気になる!!」と思ってもらえる可能性もありあり??

加須市、久喜市全体で65店舗もあり、その加盟店の全店舗での表示されるので、かなりの地域密着で宣伝効果になるのではないでしょうか?

※協賛コースを選択していただいた時に、企業・団体名を『備考欄』に書いていただかないと匿名になるのでご注意!

魅力2 プロジェクトHPでの企業・団体のPR

クラウドファンディングを集めるWEBページにて、ありったけの感謝の気持ちを込めて企業・団体さんの魅力をPRさせていただきます。

クラウドファンディングの協賛の締め切りが6月末までなんです。
どうPRしていただくか、まだ詳細は未定ではございますが、12月までの長期期間のPRになるためクラウドファンディングに興味がある人の閲覧やTwitter・Facebook・Instagramでの情報配信を各店舗さんでもやっていただいていますので、加須市・久喜市に住んでいらっしゃる方以外の方にも注目度が高くなっていくのではないでしょうか?

魅力3 地域密着の生活情報誌への掲載

久喜市や加須市周辺で発行されている無料の情報誌での掲載も魅力的です。
Webでの情報発信や掲載、店舗への展示も行います。
より一層の宣伝で年齢問わず、プロジェクトの周知を広めていこうということです!
今回は久喜地区は「クッキーズ」加須地区は「とねじん」と強力タッグを組みまして、紙媒体でもPRをさせていただきます。

フリー地域情報誌「クッキーズ」と「とねじん」とは?

発行エリアでのアンケートを取った結果によると・・・
発行エリアの95%の人が知っている地域最大級の情報誌
『毎月発行される地域の自然や歴史、文化などを紹介、地域で活躍する組織などを応援』
またクーポンやイベントなどでの集客ではエリアでもいい反響を得ているみたいです。

発行日:毎週第4月曜日
発行部数「クッキーズ」約52,000部 久喜市全域
     「とねじん」 約64,000部 加須市・羽生市・行田市
配布場所「クッキーズ」23か所

サトヱ記念21美術館、パティスリー・アソルティ、ケーキの店モニカ、クッキープラザ、久喜市栗橋文化会館、久喜駅東口サイクルshopAZUSAWA、埼玉県済生会栗橋病院、久喜総合文化会館、和彩 ちょうじ、川口信用金庫 栗橋支店・久喜支店・鷲宮支店、久喜市菖蒲文化会館、羽生ゆったり苑、埼玉純真短期大学、平澤商店、ダイアモンドハニー、たかはし美容室、ドコモショップ久喜中央店、ローソン久喜八甫店、エンカフェ、マルヤ南栗橋店、ベイシア栗橋店

配布場所:「とねじん」54か所

羽生市役所、秘書広報課・観光プロモーション課(市民プラザ)、羽生市産業文化ホール、埼玉純真短期大学、さいたま水族館、POLA MIYA SHOP、サトヱ記念21美術館、Casa Mia、POLA アカシア、パープル羽生(女性センター)、加須市役所観光復興課、騎西総合支所 地域復興課、大利根総合支所 地域復興課、北川辺総合支所 地域復興課、加須市商工会本所・騎西支所・大利根支所・北川辺支所、加須市くらくら館、加須未来館、加須市観光案内所・田ヶ谷総合センター、崎北自動車学校、BEC加須本校、そば処 山福、割烹かたやま、自家焙煎珈琲豆屋Rin、プロコンビニ加須店、昭和シェル石油 加須東SS、そば遊膳 拓馬、道の駅きたかわべ、かぞわたらせ内遊学館2階、北川辺文化・学習センター「みのり」、café&zakka PUPU、行田市役所 広報広聴課、大野建設株式会社、小川ホームズ、観光情報館ぶらっとぎょうだ、レストラン ミヨシ、コスモプリンツ株式会社、株式会社武蔵野ユニフォーム、行田総合病院、行田氏バスターミナル観光案内所、PAZZO-DI-PIZZA! GYODA、株式会社甲和オートサービス

「クッキーズ」「とねじん」の発行数と市民の数をくらべるとPR影響力は大きい?

クラウドファンディングのPRとともに今回は20万円以上の協賛金を頂いた企業には情報誌に電話番号住所の記載がされます!
企業・団体のブランド認知も一気にUPすること間違えなし!
※協賛金額が大きい順から掲載の枠の大きさが異なるみたいです!

発行エリアの加須市/羽生市と久喜市の市民の合計数は31万人です。
発行数の100,000部なので、各家庭の人数5人と考えると62,000部なので各家庭に配っても余るのでPRも知っていただくことができると思います。

広告効果としても、過去に多くの反響を呼んでいるので久喜・加須地域の飲食店を支援していただいて、企業・団体のブランディングもUPも期待できるかもしれませんね!

クラファン目標までもう少し!皆さんの力が必要なんです!

ありがたいことに、順調に支援をいただいています。
現在は300万円を超えて、目標の500万円まであとすこし!

支援者が150人以上もいただいて嬉しい限りです。
Twitterでの#久喜・加須の飲食店を応援しようで個人でもつぶやいただいている方も増えてきています。

 

特設のクラウドファンディングのページはこちら!

ご支援のほどよろしくお願いいたします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA